【猫検定 全12問】 生物学編 中級

2023-01-02

質問 1

猫の消化器官は肉食動物の構造となっているため植物に含まれるセルロースの消化と発酵ができません。それにより、あまり発達していない臓器はどこでしょう?

  1. 小腸
  2. 結腸
  3. 大腸

盲腸を中心とした大腸にはセルロースを分解する微生物が生息しているが、セルロースの消化や発酵ができないため他の臓器に比べて発達していません。

質問 2

猫の消化器系の特徴としてあてはまるものは次のうちどれでしょう?

  1. 小腸が弱い
  2. 犬よりも腸管が長い
  3. 大腸が弱い

猫は肉食に特化した消化器官であり、小腸が発達しているが大腸は機能としては弱いという特徴があります。ただし、肉に含まれるタンパク質や脂肪を効率よく消化吸収する最適な仕組みとなっています。

質問 3

猫の体毛の成長が早くなる要因とは何でしょう?

  1. 運動時間
  2. 睡眠時間
  3. 日照時間

猫の体毛は光による影響が大きく、日照時間が長くなる春には毛の生え代わりが活発化して夏の暑さへの準備が始まります。ただし、このサイクルは寒暖差の影響が少ない室内飼育の猫にはみられません。

質問 4

猫は犬と異なり「〇〇排卵動物」ですが、〇〇に入る言葉は何でしょう?

交尾排卵とは、ネコ科動物やウサギなどにみられ、交尾刺激がある時だけ排卵が起こる現象である。

質問 5

猫は快感と不快感を記憶する機能が発達していますが、それを司っているのは脳のどの部分でしょう?

  1. 大脳
  2. 小脳
  3. 中脳

快感と不快感の記憶は大脳辺緑系が関係しており、この部分は猫だけでなく犬にも発達が顕著にみられます。

質問 6

猫は目のどの部分を拡大することで暗闇でも視界がはっきりするのでしょう?

  1. 瞳孔
  2. 網膜
  3. 虹彩

猫は人間の3倍以上瞳孔を拡大することができ、拡大した瞳孔により多くの光量を網膜に導くことができます。

質問 7

次の栄養成分の中でとりわけ猫が苦手なものはどれでしょう?

  1. タンパク質
  2. 脂質
  3. 炭水化物

動物性タンパク質を主食としている猫にとってタンパク質は特に苦手で、大量に摂取すると嘔吐や下痢を起こし最悪の場合死亡することすらあります。

質問 8

猫の髭を触ると目を閉じるのはどのような生得的な反射行動からでしょう?

  1. 目の保護
  2. 焦点を合わせる
  3. 光の調整

これは猫が狭い場所を好む習性によって、狭い場所を移動する際に障害物が目に入らないようにという目的があります。

質問 9

猫がイタズラをして飼い主から無視されるようになると、猫はその後同じイタズラをしなくなりました。このような現象に当てはまる言葉は次のうちどれでしょう?

  1. 負の強化
  2. 正の罰
  3. 負の罰

これはイタズラ反応によって飼い主からのスキンシップが中止されたとみなされるということで、刺激の消去と反応減少に繋がり「負の罰」が当てはまります。

質問 10

猫が木につける引っ掻き傷は爪とぎ以外にどのような目的があるでしょう?

猫の引っ掻き傷には指の臭腺からの分泌物も付着しており、嗅覚的なマーキングとしての役割もあります。

質問 11

猫も犬と同様に尿でマーキングを行いますが異なる点もあります。それは次のうちどれでしょう?

  1. 霧状の尿
  2. 座って行う
  3. 綺麗な所でしかやらない

猫は後ろを振り向き、真っすぐに立った尾を震わせて霧状の尿を排出してマーキングを行います。

質問 12

猫の表情から感情変化を察知するときに見るポイントとして適切でない部分はどれでしょう?

  1. 瞳孔の大きさ
  2. 耳の形
  3. ひげの動き

自己防衛の気持ちが高まるにつれて耳が垂れ、瞳孔が大きく開くという特徴がみられます。